Recent entries
2007/03/28 (Wed) 新ジャンル:俺訳

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




去年の東京ゲームショウで密かにチェックしてたタイトルで
「鉄拳」のニーナが主人公のアクションアドベンチャー。

■オススメなポイント
グラフィックはかなりキレイに作られていて、特に背景の絵はかなりイイ。
アナログスティックによる攻撃は直感的で慣れるとかなり爽快。
銃器類よりも素手や武器の攻撃がいい感じ。

特筆すべきは「内部破壊」攻撃のコンボ中にL2を押すとレントゲンのような画面に切り替わって相手のアバラ骨や頭蓋骨を狙ってRスティックを弾く→バレットタイムっぽく技が炸裂→またレントゲンに切り替わって骨折!というシークエンスに。
これがかなり気持ちいい。

途中のパズルっぽい仕掛けとか狙撃モードもライトな仕上がりだけど面白い。

梯子を登るとか、鉄柱にぶら下がって移動とかの
面倒な動作にまで「ダッシュ」が使えるのはいい感じ。

■いただけないポイント

ロード長い!
細々と長めのローディングはちょっとダメ
ガマンできるギリギリのラインだけど、これはイラつきます。

音デカイ。
音楽はいいんだけど、効果音の一部がダメすぎる。
あとはかなり音がデカイ。
オプションで音楽や効果音のバランスが取れるけど役に立たない。

カメラワーク
バイオハザードっぽいカメラ切り替えなので、
切り替わった瞬間とかかなり逆方向に戻ったり。
戦闘しながら切り替わるとかなり最悪。
是非、次回は切り替えナシのスムーズアングルで。
それか鬼武者3ライクなのをお願いします。

■総括

雑感としてはナムコがバイオハザードを作ったよという感じ。
ストーリーの謎解きの仕掛けとかカメラワークとかは凄く似てる。
ただ、根底の爽快なアクションに目を向けられているので、感覚は違ったものになっていると思う。
それと鉄拳ファンへのサービスで出来てるゲームという感じ。

ニーナってキャラは美人だけど無愛想で強いってイメージだったんだけど、ちょっとイメージ変わったかなー?



スポンサーサイト


















管理者にだけ表示を許可する


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 Revelation ver2.0, All rights reserved.




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。