Recent entries
2007/03/28 (Wed) 新ジャンル:俺訳

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


俺は長いことバンドとかやってたり、
今でもすっごくチョコチョコとした音楽活動をしてる。

とにかくMorrieからの影響というのは凄くあって、パフォーマンスであったり歌唱法であったり、詩の世界とかにすっごく影響を受けた。
DEADENDはいわゆる「ジャパメタ」だ。
ヘビメタっつうと、沸いてくる音楽のイメージは

・ギターがうるさい
・ドラムがハイハットオープンの8ビート
・ヴォーカルはやけに高めの音程

じゃなかろうか?

DEADENDは全然当てはまらない。
唯一あるのは歌詞に「悪魔」とか「骸骨」とか「血まみれ」とかが含まれてる点。
(初期DEADENDにはそんな感じではあるが後期はそうでもない)
でもかなり大盛りネギだくギョクな感じで入ってる。

「薔薇にまみれた残酷模様を微笑む子供」とか(Perfume of Violence)
「Rollinころころ転がる奴らの首が行きはよいよい帰りは怖い」とか(DEAD MAN'S ROCK)
「骨の摩天楼を築いて身ごもる子供達を雨あられ」とか(SKELETON CIRCUS)
「白い子供が赤い子供を殺した夜は」とか。。

活字にしたら妙に凄い訳だが、これにメロが乗るとえらくカッコいい。

視聴してみよう!

で、後期DEADENDからMorrieのソロまでのテーマをなんとなくまとめてみると「愛と破滅」という感じになる。

妖怪変化と魑魅魍魎が跳梁跋扈する世界から、刹那的な破滅主義に移行するわけだ。

フツーのメタルの香りのするバンドの場合は、「殺す!」と「愛してるぜ」が同居しがちだったりとか、
アメリケンな「女連れて車で飛ばすぜ」系とか「この街を出てくぜ」系の世界観に行きがちだと思う(偏見)

大体惚れた腫れたの歌が支持を得るものだとデーモン閣下も言っておられる。

-唐突に続く-
スポンサーサイト



>>大盛りネギだくギョク

素人にはお勧めできないということですk(ry
【2005/04/12 21:30】 URL | threenine #0RWv/f9Q[ 編集]
お勧めするともれなく信者になる可能性高し。
つうか信者増やした実績が。
【2005/04/13 19:35】 URL | CATMAN #-[ 編集]














管理者にだけ表示を許可する


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 Revelation ver2.0, All rights reserved.




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。