Recent entries
2007/03/28 (Wed) 新ジャンル:俺訳

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


で、ジンギスカンをヤバイくらいに食べてしまった俺と南国の大王は徒歩でホテルまで向かった。


札幌の街は普通に都会で、繁華街の呼び込みの数も千葉より上だった。
ただ道が広い都内・・・そんな感じだった。

そして初めてススキノを見た。

数々の伝説が渦巻く場所だ。
今回ガイドを買って出てくれた彼の話の舞台は8割くらいココだ。

その男が言う「お前はまだ本物のススキノを知らない」

ビール園からホテルまでの道のりや、地下鉄からホテルまでの道はいわゆる「ススキノ外郭」であった事が今ではよく解る。

彼は俺をススキノのコアにご招待したいらしい。
ススキノのコアは、「ススキノ」とググって出てくるようなモノで間違いないだろう。

彼はいくつか選択肢を用意してくれた。

・バスタオル
・もっとメシ
・バスタオルよかスゴイの。

上記の3項目の詳細は彼に聞くといい。

膨大なキーワードの中に一瞬「葉巻とシングルモルトの店」というキーワードが出てきたのでそれをチョイス。

二人でススキノのコアに突入である。

うわ。
何この密度。
アレなお店が群雄割拠。


一体ドコへ連れて行かれるんだ。。

そして付いた先が「白楽天」というお店。

ヤバイ。
このハードボイルドな雰囲気。

こんな格好で来るんじゃなかった。
スーツにバーバリーのトレンチコートが欲しくなる。

もう俺は知識ゼロだったので「同じものを」で通す。

つうかお前、そのシガーデカくねえ?
ナイススティックくらいあるぞ!(捏造)

そして丸く削った氷とグラス。
注がれる琥珀色。(文章がハードボイルド風味になっておりますご了承ください。)

銘柄は忘れてしまったが、ワインの樽で作った酒らしくほんのり甘い。
酒は激しく苦手なんだけど、飲み方は心得てるつもりだwwww


と・・・ハードボイルドな雰囲気に酔っていたわけだが。




君はマンガチーズを知っているか?
ディズニーの古いのとかトムとジェリーとか、あーいうアメリケンな古いアニメに出てくる穴がポコポコ開いたチーズだ。



マンガチーズ



そうそう、こんなん。



たまたまそれがフランスパンサンドに挟んであって
「おお、コレがあのマンガチーズか!」とか




スイマセン、知ってました。
ハードボイルドな空気にちょっと味付けしようとしてちょっと暴走してました。。
マジメに答えてくれたマスターごめんなさい。

スポンサーサイト



酒はボウモアだったかな。
葉巻はコイーバ№3
【2005/09/08 20:39】 URL | gohei #-[ 編集]
マンガチーズの話が飛んでるぞ!
【2005/09/09 01:48】 URL | gohei #-[ 編集]
オレも吸いたい。
【2005/09/09 21:42】 URL | がじろう #-[ 編集]














管理者にだけ表示を許可する


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 Revelation ver2.0, All rights reserved.




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。