Recent entries
2007/03/28 (Wed) 新ジャンル:俺訳

Selected category
All entries of this category were displayed below.

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


last.fmというCOOLな音楽SNSがあるんです。
日本ではエキサイトが運営しております。

last.fm

で、まあ。
PCで音楽を聴くと、サイト上に記録されて音楽の趣味があうお友達を探せると。
そういうSNSなのですが。
日本版はウリであるラジオ再生機能がなくなってます。
JASRACがダメ出ししたんだろうけどね。

ってなことをwikipediaで調べて知っていたんですが。(現在は一部書き換えられてます)

で、中のユーザーを繋げるグループってのがあるんです。

好きな音楽について語ろうよ的な掲示板システムなんですが。
日本のアーティストのグループ見ても中は英語ばかり。

折角日本でサービスインしたんで、日本語で話せるグループが必要だと思ってかなり痛いグループを作ったんです。(過疎ってますが)

そこで一応立ち上げのご挨拶というか趣旨を書いたんですよ!

read me at First
This Group does communicate only in Japanese for Japanese user.

このグループは日本語で日本のユーザーのために作りました。
いやJapanese Onlyとか痛い気もするけど。
日本版は-----のおかげかどうかわかりませんが、サイトもツールも機能が短縮されています。
おかげで音楽SNSっぽい使い方が全然できないので、せめてこういう場を作ろうかと。




うわー!!!JASRACの文字が検閲されてるwwwwwww


スポンサーサイト

ピアノロックにハマっています。

ピアノロックの特徴

  • メンバーにピアニストがいる

  • ボーカルが男子でハイトーン気味

  • ギターが結構ハードでキレがいい



    • iPodに入ってる各バンドを軽くレビューしてみると。

      THE FRAY



      切ない感じの曲が多く、去年結構宣伝されてたので知ってる人も多いはず。

      Something Corporate



      このバンドが一番好き。
      イケメン5人組。

      Jack's Mannequin



      上記のバンドのヴォーカルのソロプロジェクト

      Keane



      「キーン」ピアノロック界の大御所?

      Mae



      これで確か「メイ」と読む。
      ピアノ以外に電子音もフィーチャーしたバンド。
      ロック的というか結構壮大な感じ。

      Dream State



      昨日見つけた、インディーさん。
      ギター激しい感じでメリハリがよいです。



Home (初回限定盤)(DVD付) Home (初回限定盤)(DVD付)
アンジェラ・アキ (2006/06/14)
ERJ
この商品の詳細を見る


非常に楽しみなコレ↑

スクウェア・エニックスパーティで彼女の生演奏を聞いて惚れた。
スクエニパーティに行ったにもかかわらずFF12は射程外だったんですが、彼女の歌聴いてゲーム中で流れる事を考えたら買っていた罠wwwwwwwww


でね、この初回版ってPVが付いてるんだけどさ。
アマゾンで試聴できるんでPV見て欲しいんだが。


音消してると見分けが付かないのはいかがなものかと。


俺は結構PV惚れでアルバム買ったりするのですよ。
マリリンマンソンもガービッジもPV惚れ。

アンジェラ・アキのPVってみんなピアノ弾いてる。
全部見れば違うのかもしれないけどこれはもったいない。



もう解散してから結構時間は経過してるけど、やっぱり悲しかった。
この時点では活動休止であって、その宣言がされたわけだけど、客席の女の子たちとかいっぱい泣いてたりするし。
一応メカラウロコ名義なので古い曲もバンバン出てくるしで。

特に2枚目のディスクからは泣ける。

ドームライブっていうと妙に演出過多だったりするけど、
いつものイエローモンキーのライブ。
ある意味、安心感と安定感のライブ。

アンコールで出てきてからの「メロメ」~「悲しきASIANBOY」のあたりで泣いた、かなり自然に泣いた。

特に「悲しき~」はもう最高だった。
満員のドームいっぱいに手が草原みたいに広がって、物凄い紙吹雪が雪のように舞っている姿はもう本当に凄かった。

俺の好きなパールライトレヴォリューションも良かった。
これが日本のロックですと大紹介できるバンドがまたひとつ減ったんだなと思うと5年前を追体験しながらノスタルジックでセンチメンタルかつ複雑な心境だった。

いやもうほんとアリガトウと言いたい。



このDVDの発売を心待ちにしておりましたですよ。
主役がいないライブがどうなったのかとか、ツアー中いろんなゲストが来て盛り上がったとか。ライブアレンジがどうなってるのかとか。
そのへんが気になって仕方ないわけで。

始まって5分で泣いたwwwwww

hideが亡くなってから今までの出来事をやっぱり見せられて、そういう展開があるなと見切ってたのに泣けた。

ライブの映像はというと凄い勢いのブツ切り。

hideのライブって始まる前とか、曲間とかのやりとりが面白いし、
曲の最中の各メンバーのアクションとかがいいわけで。
ライブアレンジも原曲と違うアプローチが面白いし。
hideのライブってそういうもんでしょ?
現に今までのツアーのビデオは1本がまるごと1ライブ、でオフショット中心の2番目があるのがデフォなわけで、あたかも自分が会場まで行ってる感じがよかったんですよ。

もったいない、凄くもったいない。

KIYOSHIのヴォーカルはマジでカッコよかったのでちゃんと見たいなあ。
DIEのブチギレ加減もっと見たい。

そう思った人多いんじゃないかな。

でも見終わった俺でも「買い」と言えそう。






で、思ったこと。
「死んだアーティストで商売するのはどうかと」とか俺も少なからず思うわけだが。
考えが変わった。

このDVDの冒頭に今までの出来事のダイジェストを見ててちょっと気になったのはhideミュージアム。
展示物が変わってんですよ。
同じ場所が映ってるカットが数回あるんだけど、映るたびに展示物が変わってる、レイアウトも変わってる。

あの大量のhideアイテムを保管するのにかかるコストは?
LEMONedショップのアイテムにかかるコストは?
イベントで花火上げたり巨大なスクリーンを用意するコストは?

hide関連のクオリティを維持するコストは?


ファンがいる限り何かを提供しなきゃいけない。
はい、オワリ!でバツンと断ってしまったほうが楽だったんじゃないかと思える。

ゴメン、俺まだhideアイテム欲しいから頑張って買うわ。



もしかしたらミュージアムも行政が維持に回るとかいう話もあるようだし。
まだまだ一緒に遊べそうだねと・・・・・



勢いで「SCANNER」作ったwwwwwwwww
近日公開かも。


| HOME | Next


Design by mi104c.
Copyright © 2017 Revelation ver2.0, All rights reserved.




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。